dcsimg

Brief Summary

    マルサヤワムシ科: Brief Summary ( Japanese )
    provided by wikipedia 日本語

    マルサヤワムシ科 Flosculariidae はワムシ類の科の1つ。ラッパ状の形をしており、固着生活をするものが多い。

    license
    cc-by-sa-3.0
    copyright
    ウィキペディアの著者と編集者
    original
    visit source
    partner site
    wikipedia 日本語
    ID
    7569cb5f4ac4c525aafa0dcf7de74cc2

Comprehensive Description

    マルサヤワムシ科 ( Japanese )
    provided by wikipedia 日本語
    マルサヤワムシ科 Limnias watumiwamusi03.jpg
    ワツミワムシの1種
    分類 ドメ
    イン
    : 真核生物 Eukaryota : 動物界 Animalia 上門 : 扁形動物上門 Platyzoa : 輪形動物門 Rotifera : 単生殖巣綱 Monogononta : マルサヤワムシ目 Flosulariaceae : マルサヤワムシ科 Flosculariidae 学名 Flosculariidae Harring, 1913 和名 マルサヤワムシ科

    マルサヤワムシ科 Flosculariidae はワムシ類の科の1つ。ラッパ状の形をしており、固着生活をするものが多い。

    特徴[編集]

    成熟した雌はラッパのような姿をしており、細長い柄のような足の先端で器物に固着する[1]。ただし雄個体と雌の幼時には自由に泳ぐことが出来る[2]。頭部の前端は大きく広がって円盤状、あるいは大きな裂片に分かれて頭冠を形成する。その縁沿いに腺毛帯を持ち、それによって摂食を行う。身体の後半は細長い柄状になり、その基部で多物に固着する。少なくともその基部は膠室の管室に包まれており、種によっては全身が管室に収まる。管室が水草などに着いている場合、固着性の生活をするが、その部分で他の個体とくっつきあって群体を形成するものもあり、その場合には群体の姿で浮遊することもある。卵は膠質や管室の中に粘着して保護される。

    •  src=

      Ptygura pilula

    •  src=

      Sinantheria socialisの群体

    •  src=

      ワツミワムシの1種・頭冠部

    類似のもの[編集]

    テマリワムシ科 Conochilidae のものはやや似ているが、頭冠が大きく広がらないこと、それに口の位置が腹面でなく背面によることではっきりと区別される[3]

    分類群[編集]

    • Beauchampia
    • Floscularia マルサヤワムシ属
    • Lacinularia ハナフサワムシ属
    • Limnias ワツミワムシ属
    • Octotrocha
    • Ptygura
    • Sinantherina

    出典[編集]

    1. ^ 以下、主として水野・高橋編著(1991),p.298
    2. ^ 上野監修(1973),p.293
    3. ^ 水野・高橋編著(1991),p.301

    参考文献[編集]

    • 水野寿彦、高橋永治編著、『日本淡水動物プランクトン検索図鑑』、(1991)、東海大学出版会
    • 上野益三監修、『日本淡水生物学』、(1973)、図鑑の北隆館
     title=
    license
    cc-by-sa-3.0
    copyright
    ウィキペディアの著者と編集者
    original
    visit source
    partner site
    wikipedia 日本語
    ID
    4443cf92c6f23d749ae3a2e10b387c8a