dcsimg

フラビウイルス科 ( Japanese )

provided by wikipedia 日本語

フラビウイルス科(ふらびういるすか、Family Flaviviridae)は、一本鎖プラスRNAウイルスの一科。ウイルス粒子は直径40~60nmであり、エンベロープを持つ。学名の由来は黄熱ウイルスにちなむ(ラテン語flavusは黄色の意味)。フラビウイルス科にはフラビウイルス属、ペスチウイルス属、ヘパシウイルス属の3属が存在する。

フラビウイルス科のウイルスは脊椎動物に広く分布し、多くはベクターダニ)を介して伝播する。そのほとんどは不顕性感染であるが、重篤な症状を引き起こすことがある。ウシウイルス性下痢ウイルス1、ウシウイルス性下痢ウイルス2およびブタコレラウイルスはニューカッスル病ウイルス(NDV)によってCPEが増強される。特にブタコレラウイルスによるものはEND法として利用される。

分類[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

ウイルスの分類(ボルティモア分類) DNA
I: 2本鎖DNAウイルス (dsDNA) カウドウイルス目 ヘルペスウイルス目 Ligamenvirales 未分類
II: 1本鎖DNAウイルス (ssDNA) RNA
III: 2本鎖RNAウイルス (dsRNA)
IV: 1本鎖RNA+鎖 ((+)ssRNA) ニドウイルス目 ピコルナウイルス目 ティモウイルス目 未分類
V:1本鎖RNA-鎖 ((−)ssRNA) モノネガウイルス目 未分類 逆転写
VI: 1本鎖RNA逆転写ウイルス(ssRNA-RT)
VII: 2本鎖DNA逆転写ウイルス (dsDNA-RT) 執筆の途中です この項目は、生物学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:生命科学Portal:生物学)。
 title=
license
cc-by-sa-3.0
copyright
ウィキペディアの著者と編集者
original
visit source
partner site
wikipedia 日本語

フラビウイルス科: Brief Summary ( Japanese )

provided by wikipedia 日本語

フラビウイルス科(ふらびういるすか、Family Flaviviridae)は、一本鎖プラスRNAウイルスの一科。ウイルス粒子は直径40~60nmであり、エンベロープを持つ。学名の由来は黄熱ウイルスにちなむ(ラテン語flavusは黄色の意味)。フラビウイルス科にはフラビウイルス属、ペスチウイルス属、ヘパシウイルス属の3属が存在する。

フラビウイルス科のウイルスは脊椎動物に広く分布し、多くはベクターダニ)を介して伝播する。そのほとんどは不顕性感染であるが、重篤な症状を引き起こすことがある。ウシウイルス性下痢ウイルス1、ウシウイルス性下痢ウイルス2およびブタコレラウイルスはニューカッスル病ウイルス(NDV)によってCPEが増強される。特にブタコレラウイルスによるものはEND法として利用される。

license
cc-by-sa-3.0
copyright
ウィキペディアの著者と編集者
original
visit source
partner site
wikipedia 日本語