dcsimg

Brief Summary

    Scapholeberis: Brief Summary ( Dutch; Flemish )
    provided by wikipedia NL

    Scapholeberis is een geslacht van watervlooien uit de familie van de Daphniidae.

    license
    cc-by-sa-3.0
    copyright
    Wikipedia-auteurs en -editors
    original
    visit source
    partner site
    wikipedia NL
    ID
    5a1dfd1e9d248c9383632b22c190e285
    アオムキミジンコ属: Brief Summary ( Japanese )
    provided by wikipedia 日本語

    アオムキミジンコ属 Scapholeberis はミジンコ科の属の1つ。腹面が平らになっており、それを上にして泳ぎ、また水面に静止することが出来る。

    license
    cc-by-sa-3.0
    copyright
    ウィキペディアの著者と編集者
    original
    visit source
    partner site
    wikipedia 日本語
    ID
    5a1dfd1e9d248c9383632b22c190e285

Comprehensive Description

    Scapholeberis ( Dutch; Flemish )
    provided by wikipedia NL

    Scapholeberis is een geslacht van watervlooien uit de familie van de Daphniidae.

    Soorten

    license
    cc-by-sa-3.0
    copyright
    Wikipedia-auteurs en -editors
    original
    visit source
    partner site
    wikipedia NL
    ID
    b270934c8fb1ea5b1d008a69cfb8c83f
    アオムキミジンコ属 ( Japanese )
    provided by wikipedia 日本語
    アオムキミジンコ属 Scapholeberis aomukimznk04.jpg
    アオムキミジンコの1種
    分類 : 動物界 Animalia : 節足動物門 Arthropoda 亜門 : 甲殻亜門 Crustacea : 鰓脚綱 Branchiopoda 亜綱 : 葉脚亜綱 Phyllopoda : 双殻目 Diplostraca 亜目 : 枝角亜目 Cladocera 下目 : 異脚下目 Anomopoda : ミジンコ科 Daphniidae : アオムキミジンコ属 Scapholeberis 学名 Scapholeberis Shoeldler,, 1858 和名 アオムキミジンコ属

    アオムキミジンコ属 Scapholeberisミジンコ科の属の1つ。腹面が平らになっており、それを上にして泳ぎ、また水面に静止することが出来る。

    特徴[編集]

     src=
    水面に張り付いている様子
    左側にオニボウフラが見える
     src=
    同・1個体を拡大

    ミジンコ科の特徴として頭甲と殻に全身が収まり、第1触角は短くて第2触角は比較的発達し、外肢内肢の2枝を持ち、前者が4節で後者は3節。消化管は巻くことなく素直に伸びる[1]。 更に本属では頭部に吻があり、その点ではミジンコ属 Daphniaオカメミジンコ属 Simocephalus と共通する。大きな特徴となるのは殻の腹面が大きく平らになっていることである。いわば腹面が平面で切り落とされたように平らになっており、その両側には剛毛が並んでいる。殻刺はその面の後ろの端から後方に突き出る。単眼は点状[2]

    遊泳時にはこの面を上にし、またこの面で水面に静止して水面に浮かんでいる微粒子を餌として取り込むことが出来る[3]。和名は仰向きに泳ぐことから[4]

    分類[編集]

    世界に8種あり、日本からは以下の2種が知られる[5]

    • Scapholeberis アオムキミジンコ属
      • S. mucronata アオムキミジンコ
      • S. kingi タイリクアオムキミジンコ[6]

    なお、アオムキミジンコがよく知られており、タイリクアオムキミジンコは非常にそれと類似するために前者として記録された報告がある可能性があるとのこと。区別点としては後者では殻の後縁にに平行な条斑があり、腹面縁の剛毛が特に長いことなどがある。前者は北海道から南の本州までの湖沼から湿地に見られ、後者はより好暖水性で水路や水田などより規模の小さい水域に多い。多数発生するとそれらが水面に集まって水が褐色に見える例もある[7]

    出典[編集]

    1. ^ 水野・高橋編(1991),p.129
    2. ^ 水野・高橋編(1991),p.134
    3. ^ 岡田他(1988),p.448
    4. ^ 水野・高橋編(1991),p.134
    5. ^ 水野・高橋編(1991),p.134
    6. ^ タイリクアオムキミジンコ 四日市大学生物学研究所
    7. ^ 岡田他(1988),p.448

    参考文献[編集]

    • 岡田要他、『新日本動物圖鑑〔中〕』、(1988)、北隆館
    • 水野寿彦・高橋永治、『日本淡水動物プランクトン検索図鑑』、(1991)、東海大学出版会
     title=
    license
    cc-by-sa-3.0
    copyright
    ウィキペディアの著者と編集者
    original
    visit source
    partner site
    wikipedia 日本語
    ID
    b270934c8fb1ea5b1d008a69cfb8c83f