タマゴケ科 ( Japanese )

provided by wikipedia 日本語
タマゴケ目 Philonotis fontana 2006.07.06 15.34.08-p7060200.jpg 分類 : 植物界 Plantae : マゴケ植物門 Bryophyta : マゴケ綱 Bryopsida : タマゴケ目 Bartramiales : タマゴケ科 Bartramiaceae 学名 Bartramiaceae 属

本文参照。

 src= ウィキスピーシーズにタマゴケ科に関する情報があります。

タマゴケ科(Bartramiaceae)は、蘚類の分類群の一つ。本科のみでタマゴケ目(Bartramiales)を構成する(単型)。

概要[編集]

タマゴケ科は1科でタマゴケ目を構成する比較的小さな科で、その単系統性は形態的特徴と葉緑体DNAを用いた系統分類学的な研究結果によって支持されている[1]

茎はふつう立ち、下部に仮根をもつ[2]。葉は広い披針形から線状披針形で、葉縁は平坦だが、葉の上部には鋸歯をもつ[2]

分類[編集]

タマゴケ科には3亜科10属375種を含み[3]、うち日本には6属が分布する[2]。またこれらの属以外に、単型の属である Catoscopium 属をタマゴケ科に含める考えもあるが[4]、通常独立した分類群 (Catoscopiaceae) として扱われる[1][5]

下位分類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Viivi Virtanen (2003) Phylogeny of the Bartramiaceae (Bryopsida) Based on Morphology and on rbcL, rps4, and trnL-trnF Sequence Data. The Bryologist Vol. 106, Issue 2, 280-296
  2. ^ a b c 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』(1972年、保育社)p.127
  3. ^ Wolfgang Frey, Eberhard Fischer, Michael Stech: Bryophytes and seedless Vascular Plants. In: Wolfgang Frey (Hrsg.): Syllabus of Plant Families - A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien. 13. Auflage. Bd. 3, Borntraeger, Berlin/Stuttgart 2009, ISBN 978-3-443-01063-8, S. 188-190.
  4. ^ Viivi Virtanen TAXONOMIC STUDIES OF THE BARTRAMIACEAE, BRYOPSIDA. Publications in Botany from the University of Helsinki No. 31
  5. ^ Akiyama, H. & Nishimura, N. 1993: The Climacium-type branch development in the Bartramiaceae and its taxonomic significance. - Bryologist 96: 185-191.
 src= ウィキメディア・コモンズには、タマゴケ科に関連するカテゴリがあります。 執筆の途中です この項目は、植物に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:植物Portal:植物)。
 title=
license
cc-by-sa-3.0
copyright
ウィキペディアの著者と編集者
original
visit source
partner site
wikipedia 日本語

タマゴケ科: Brief Summary ( Japanese )

provided by wikipedia 日本語

タマゴケ科(Bartramiaceae)は、蘚類の分類群の一つ。本科のみでタマゴケ目(Bartramiales)を構成する(単型)。

license
cc-by-sa-3.0
copyright
ウィキペディアの著者と編集者
original
visit source
partner site
wikipedia 日本語