dcsimg

Brief Summary

    Koreansk viol: Brief Summary ( Swedish )
    provided by wikipedia SV

    Koreansk viol, även cyklamenviol (Viola grypoceras) är en art i familjen violväxter som förekommer i östra Asien. Arten odlas som trädgårdsväxt i Sverige.

    Viola grypoceras: Brief Summary ( French )
    provided by wikipedia Français

    Violette de Corée

    image illustrant un taxon de la famille des ViolaceaeCet article est une ébauche concernant un taxon de la famille des Violaceae.

    Vous pouvez partager vos connaissances en l’améliorant (comment ?) selon les recommandations du projet botanique.

    Viola grypoceras, ou violette de Corée, est une espèce de violettes, de la famille des Violaceae.
    Viola grypoceras: Brief Summary ( Vietnamese )
    provided by wikipedia VI

    Viola grypoceras là một loài thực vật có hoa trong họ Hoa tím. Loài này được A. Gray miêu tả khoa học đầu tiên năm 1856.

    タチツボスミレ: Brief Summary ( Japanese )
    provided by wikipedia 日本語
     src= タチツボスミレの葉  src= 群生するタチツボスミレ

    タチツボスミレ(立坪菫、学名:Viola grypoceras)は、スミレ科スミレ属多年草。日本で、ごく身近に見られるスミレ類の一つである。丸い葉と立ち上がる茎が特徴である。

    紫花堇菜: Brief Summary ( Chinese )
    provided by wikipedia 中文维基百科

    紫花堇菜(学名:Viola grypoceras)是堇菜科堇菜属的植物。分布于日本朝鲜以及中国大陆华北华南西南各省的林区华东至华中等地,生长于海拔100米至2,500米的地区,常生于开阔地、田边潮湿地、山坡林中、湿地、路边、路边湿地、山坡、草甸、山坡林中阴地、山坡疏林中、水边草丛、河谷、灌木林中、林中和溪边草丛中,目前尚未由人工引种栽培。

    낚시제비꽃: Brief Summary ( Korean )
    provided by wikipedia 한국어 위키백과

    낚시제비꽃은 제비꽃과에 속하는 여러해살이풀이다.

Comprehensive Description

    Koreansk viol ( Swedish )
    provided by wikipedia SV

    Koreansk viol, även cyklamenviol (Viola grypoceras) är en art i familjen violväxter som förekommer i östra Asien. Arten odlas som trädgårdsväxt i Sverige.

    Externa länkar

    Viola grypoceras ( French )
    provided by wikipedia Français

    Violette de Corée

    image illustrant un taxon de la famille des Violaceae
    Cet article est une ébauche concernant un taxon de la famille des Violaceae.

    Vous pouvez partager vos connaissances en l’améliorant (comment ?) selon les recommandations du projet botanique.

    Viola grypoceras, ou violette de Corée, est une espèce de violettes, de la famille des Violaceae.

    Localisation

    Viola grypoceras, plante hôte du papillon Nacré noirâtre, est présente dans les maquis d'altitude du Japon, de Corée du Sud, et de Chine.

    Description

    Cette section est vide, insuffisamment détaillée ou incomplète. Votre aide est la bienvenue ! Comment faire ?

    Synonymes

    • Viola coreana Boissieu 1911

    Notes et références

    Viola grypoceras ( Vietnamese )
    provided by wikipedia VI

    Viola grypoceras là một loài thực vật có hoa trong họ Hoa tím. Loài này được A. Gray miêu tả khoa học đầu tiên năm 1856.[1]

    Hình ảnh

    Chú thích

    1. ^ The Plant List (2010). Viola grypoceras. Truy cập ngày 2 tháng 9 năm 2013.

    Liên kết ngoài


    Bài viết Họ Hoa tím này vẫn còn sơ khai. Bạn có thể giúp Wikipedia bằng cách mở rộng nội dung để bài được hoàn chỉnh hơn.
    タチツボスミレ ( Japanese )
    provided by wikipedia 日本語
    タチツボスミレ Viola grypoceras2.JPG
    タチツボスミレ (2007年4月撮影)
    分類 : 植物界 Plantae : 被子植物門 Magnoliophyta : 双子葉植物綱 Magnoliopsida : スミレ目 Violales : スミレ科 Violaceae : スミレ属 Viola : タチツボスミレ V. grypoceras 学名 Viola grypoceras A. Gray 和名 タチツボスミレ(立坪菫)
     src=
    タチツボスミレの葉
     src=
    群生するタチツボスミレ

    タチツボスミレ(立坪菫、学名:Viola grypoceras)は、スミレ科スミレ属多年草。日本で、ごく身近に見られるスミレ類の一つである。丸い葉と立ち上がる茎が特徴である。

    概説[編集]

    日本スミレ属は種類が多く、さまざまなものが各地に見られるが、花がほぼ同じ時期に見られるため、混同して扱われている場合が多い。種としてのスミレも普通種であるが、それ以上に普通種であり、日本を代表するスミレがタチツボスミレである。いくつかの近似種とともに広く見られる。

    タチツボスミレとスミレは、次の点で違いが見分けられる。

    • タチツボスミレ V. grypoceras A. Gray
    茎は地中で短いが、成長すると茎は地表に伸びて立ち上がる。葉は始めは根出するが、茎が伸びると葉もそこにつくようになり、丸っこいハート形。花は薄紫。
    茎は地中で短く、立ち上がらない。葉はすべて根出し、細長い矛型。花は濃い紫。

    特徴[編集]

    地下茎はやや短く、わずかに横にはい、古くなると木質化する。根出葉は細い葉柄があって、葉身は心形(ハート形)。葉にはあまり艶がない。花期は3 - 5月。花茎は葉の間から出て立ち上がり、先端がうつむいて花を付ける。花は典型的なスミレの花の形だが、スミレより丸っこく、花色は薄い紫が普通。

    花期が終わると、葉の間から茎が伸び始める。茎は始め斜めに出て、それから立ち上がり、その茎の節々からも葉や花が出る。茎は高さ20センチメートルほどにまでなるが、年は越さず、次の春には、また地下茎から出発する。

    北海道から琉球列島、国外では朝鮮南部、中国南部まで広く分布する。野原から山林内までさまざまな環境で見られる。垂直分布も幅が広く、本州中部では海岸から亜高山まで見られる。畑の周辺にもあるが、都会では本種よりスミレの方が優勢とされる。ただし個体数では本種が日本産スミレ中最大との評もある[1]

    変異[編集]

    分布域が広く、その環境もさまざまで、個体変異も多い。いくつかの変種が区分されている。ただし、考え方によっては変種と認めず、そのいくつかを品種とするなど、若干の揺れがある。

    • コタチツボスミレ var. exilis (Miq.) Nakai:小型で葉は三角に近く、茎は横に這うようになりがち。近畿以西の本州から九州まで分布。
    • ツルタチツボスミレ var. rhizomata (Nakai) Ohwi:葉は小さく三角、茎は横に伸び、先端の芽が地表で新苗となる。多雪地帯に適応したものと考えられ、京都から新潟の日本海側に見られる。
    • ケタチツボスミレ var. pubescens Nakai:茎や葉に毛があるもの。本来はほぼ無毛。
    • シチトウスミレ var. hichitoana (Nakai) F. Maek.:伊豆諸島産。やや大型で、托葉の切れ込みが粗い。

    近縁種[編集]

    さらにタチツボスミレの近似種もある。実際にはこれらが複数混在することもあるので、区別はなかなか難しい。

    • アイヌタチツボスミレ V. sacchalinensis H. Boiss.
    地下茎は強く木質化。托葉は浅く切れ込む。北海道と本州の一部、カムチャッカ、朝鮮北部からシベリアに分布。
    • オオタチツボスミレ V. kusanoana Makino
    高さ40センチ・メートルにもなる。北海道、本州の日本海側の山地から九州、朝鮮とサハリンに分布。
    • イソスミレ V. grayi Franch. et Sava.
    花は茎からのみ生じる。北海道、本州日本海側の海岸砂地に生える。
    • ナガハシスミレ V.rostrata Pursh var. japonica (W. Becker et H. Boiss.) Ohwi
    が非常に長くてとがる。テングスミレとも。本州北部から鳥取県までの日本海側山地に分布、なぜか基本変種は北アメリカアパラチア山脈隔離分布
    • テリハタチツボスミレ V. faurieana W. Becker
    葉は厚くて光沢がある。本州北部日本海側に産する。
    タチツボスミレによく似ているが、立ち上がった茎から出る葉が、根出葉よりも細長くなる。花はやや細み。本州中部以西から九州、朝鮮南部まで。
    花に香りがあることからの命名。花は丸っこくて紫が強く、中心部が白く抜ける。本州中部以西から九州まで、それに朝鮮に産する。全体に白い短毛があり、特に花柄はビロード状の毛が生える。

    名前そのもので似ているものにはツボスミレと言うのもあるが、小さな白い花をつけるものであり、似ていないし近縁なものでもない。

    その他[編集]

    1994年4月25日発売の430円普通切手の意匠になった。

    出典[編集]

    1. ^ いがりまさし(2008)、213頁

    参考文献[編集]

     src= ウィキメディア・コモンズには、タチツボスミレに関連するメディアがあります。  src= ウィキスピーシーズにタチツボスミレに関する情報があります。
    • いがりまさし、『山渓ハンディ図鑑6 増補改訂 日本のスミレ』(2008)、山と渓谷社
    • 牧野富太郎、『牧野 新日本植物図鑑』(1961)、図鑑の北隆館
    • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本II 離弁花類』(1982)、平凡社
     title=
    紫花堇菜 ( Chinese )
    provided by wikipedia 中文维基百科
    二名法 Viola grypoceras
    A. Gray

    紫花堇菜学名Viola grypoceras)是堇菜科堇菜属的植物。分布于日本朝鲜以及中国大陆华北华南西南各省的林区华东至华中等地,生长于海拔100米至2,500米的地区,常生于开阔地、田边潮湿地、山坡林中、湿地、路边、路边湿地、山坡、草甸、山坡林中阴地、山坡疏林中、水边草丛、河谷、灌木林中、林中和溪边草丛中,目前尚未由人工引种栽培。

    别名

    紫花高茎堇菜(拉汉种子植物名称)

    异名

    • Viola grypoceras A. Gray var. hirsuta Q. H. Liu
    • Viola grypoceras A. Gray var. pubescens Nakai

    参考文献

    • 昆明植物研究所. 紫花堇菜. 《中国高等植物数据库全库》. 中国科学院微生物研究所. [2009-02-25]. (原始内容存档于2016-03-05).
    小作品圖示这是一篇與植物相關的小作品。你可以通过编辑或修订扩充其内容。
     title=
    낚시제비꽃 ( Korean )
    provided by wikipedia 한국어 위키백과
    학명 Viola grypoceras
    A.Gray, 1856

    낚시제비꽃제비꽃과에 속하는 여러해살이풀이다.

    생태

    줄기는 뭉쳐나며 높이는 20-30센티미터 정도이다. 여러 갈래로 나뉜 줄기는 땅에 닿도록 비스듬히 뻗으며, 각 마디에는 심장 모양의 잎이 어긋난다. 또한 같은 심장 모양으로 긴 잎자루를 가진 뿌리잎이 뭉쳐나와 있다. 꽃은 보라색으로, 봄이 되면 식물체의 중앙에서 꽃줄기가 나와 작은 꽃이 달린다. 열매는 삭과이다. 들이나 길가에서 자라며 제주·전남·충남·경북 등지에 분포하고 있다.

    변종과 품종

    • 애기낚시제비꽃(Viola grypoceras var. exilis (Miq.) Nakai)
    • 흰애기낚시제비꽃(Viola grypoceras var. exilis for. albiflora Nakai)

    사진

    •  src=

      군락

    •  src=

    참고 문헌

    외부 링크

Distribution

    Distribution
    provided by eFloras
    Anhui, Fujian, SE Gansu, Guangdong, Guangxi, Guizhou, Henan, Hubei, Hunan, Jiangsu, Jiangxi, S Shaanxi, E Sichuan, Taiwan, Yunnan, Zhejiang [Japan, Korea].

Morphology

    Comments
    provided by eFloras
    In FRPS (51: 31. 1991), the name Viola faurieana W. Becker was misapplied to this species.

    One of us (Ohba) prefers to treat plants with stems nearly procumbent or creeping as Viola grypoceras var. exilis (Miquel) Nakai.

    Description
    provided by eFloras
    Herbs perennial, with developed tap root. Rhizome erect, brown, short, robust, densely noded. Stems several, erect, obliquely ascending, or nearly procument or creeping, 5-20 cm tall at anthesis, to 30 cm tall at fruiting, glabrous or puberulous. Stipules brown, narrowly lanceolate, 1-1.5 cm × 1-2 mm, margin fimbriate-dentate, teeth 2-5 mm, apex acuminate; petioles of basal leaves to 8 cm, those of cauline leaves shorter, puberulous; blades of basal leaves cordate or broadly cordate, 1-4 × 1-3.5 cm, both surfaces glabrous or subglabrous, rarely puberulous abaxially, with dense brown glandular dots, base narrowly sinuate, margin obtusely serrate, apex obtuse or ± acute; blades of cauline leaves triangular-cordate or narrowly ovate-cordate, 1-6 cm, base shallowly sinuate or broadly triangular. Flowers purplish to white, fragrant; pedicels produced from base of stem or cauline leaf axils, 6-11 cm, much exceeding leaves, with 2 linear bracteoles above middle. Sepals lanceolate, ca. 7 mm, with brown glandular dots, apex acute, basal auricles ca. 2 mm, apex truncate, shallowly dentate. Petals obovate-oblong, with brown glandular dots, margin repand, lateral petals glabrous, anterior one 1.5-2 cm (spur included); spur 6-8 mm, ca. 2 mm in diam., usually curved downward, rarely straight; 2 anterior stamens long spurred, spur suberect. Ovary glabrous; styles slightly geniculate at base, gradually thickened toward top and clavate; stigmas not papillose, curved forward, forming a short beak, with a broad stigma hole at tip of beak. Capsule ellipsoid, ca. 1 cm, with dense brown glandular dots, apex acuminate. Fl. Mar-May, fr. May-Aug. 2n = 20*.

Diagnostic Description

    Synonym
    provided by eFloras
    Viola grayi Franchet & Savatier var. candida H. Boissieu; V. grypoceras var. barbata W. Becker; V. grypoceras var. pubescens Nakai; V. leveillei H. Boissieu; V. sylvestris Lamarck var. candida (H. Boissieu) H. Léveillé; V. sylvestris var. grypoceras (A. Gray) Maximowicz.

Habitat

    Habitat
    provided by eFloras
    Grassy slopes, thickets; below 2400 m.